このページではこれから「エルダースクロールズオンライン」を始めようとしている人が、おそらく最初に迷うであろう種族と同盟の選び方について私の主観をまじえて解説します。

過去にエルダースクロールズシリーズのタイトルをプレイした事がない人(私もそうでした)にとっては、種族や同盟、地名に何の愛着もない為、同盟の名前や種族名が全て無機的な記号のように感じるかも知れません。

3つの同盟の名前、私は自分が所属する同盟ですらなかなか覚える事が出来ませんでした。

そんな感じでしたので「最初はどの同盟でもどの種族、どのクラスでも良いじゃん!とりあえずやってみよう」というのが最も的確な答えの一つであるかも知れません。

スポンサーリンク

最初に選ぶおすすめの同盟は?

最終的には全ての同盟のクエストをプレイ出来る為、全てのクエストをプレイする根気がある人ならどの同盟を選んでも良いと思います。

ですが、これからエルダースクロールズオンラインを始めようとしている方には「長くプレイするか分からないけどちょっとやってみようかな?」程度の軽い気持ちで考えている方が多いと思いますので、各同盟のロケーションや地形・機能などの雰囲気的な部分を紹介したいと思います。

※私自身はエボンハート・パクトがメインで、カバナントは半分くらい、ドミニオンは初期クエくらいしかやっていませんが、色々拾い物があったり観光目的で訪れた時に同盟ごとの気候の違いを感じました。

ダガーフォール・カバナント(青・獅子の紋章)

マップ上の北西に位置するダガーフォール・カバナントは、ブレトン・レッドガード・オークの3種族によって構成される同盟です。

同盟内のエリアは、中世ヨーロッパの中でもイギリス・ドイツ・フランス辺りからトルコ・アラブ諸国のイスラム圏のイメージが強く感じられます。

デフォルトで選べる種族は上記のブレトン(人間タイプ)・レッドガード(人間タイプ)・オーク(亜人種タイプ)の3つですが、このうちブレトンは中世の貴族階級・騎士のイメージが強く、レッドガードはオスマン帝国の戦士?かどうかは分かりませんが、イスラムチックな砂漠の民のイメージ、オークは辺境の蛮族(実際は理性的で野蛮ではない)扱いとなっています。

この同盟をまとめているのがブレトンの「エメリック上級王」です。

ゲームを進めているうちに各同盟の盟主の人となりや人間模様、エピソードなどが出てきますので、ネタバレにならないようにここでは触れません。(それぞれの同盟の中での種族間の確執も然り)

ダガーフォールカバナント領のマップは、全体的にはヨーロッパの中心であるイギリス・フランス・ドイツ辺りの温帯エリア、北アフリカやアラブ諸国などの乾燥した砂漠地帯が中心です。

3同盟の中では最もスタンダードと言うべきか、そこそこ綺麗でマップ間の変化にも富んでいるという印象です。

田園地帯や森林地帯はどちらかというと秋色でしょうか。

全体を通してはなかなか綺麗で過ごし易そうな気候のエリアが多いので、景色を見ているだけでも結構楽しめる同盟だと思います。

エボンハート・パクト(赤・ドラゴンの紋章)

こちらは私がメインでプレイしている同盟ですが、領土は北東に位置しています。

同盟内のエリアはスカンジナビアなどの北欧、温帯~亜熱帯~熱帯のアジアのようなイメージです。

デフォルトで選べる種族は、ノルド(人間タイプ)・ダークエルフ(亜人種)・アルゴニアン(トカゲタイプの亜人種)の3種族となります。

そのうちノルドはヴァイキングのイメージが強く、ネーミングからもノルマン人をモチーフにしていると思われ、素朴で荒々しい印象です。

また、ダークエルフとアルゴニアンの関係は、かつての主人と奴隷といった設定となっており、ストーリーの中で種族間の確執が語られますが、作中でアルゴニアンの文化が劣っているという設定では決してありませんし、見た目とは裏腹にアルゴニアンは温厚で知的な種族です。

エボンハート・パクトのマップの特徴は、北方が降雪地帯、中央が穏やかな温帯、南方が亜熱帯~熱帯の湿地帯となっており、3つの同盟の中で最もマップ間の変化に富んでいます。

良く言えば変化を楽しめる…ですが、初期マップが極寒の降雪地帯、次は火山灰にまみれた過酷な不毛地帯…景観を楽しめる温帯エリアに入るには少し時間が掛かるため、これからエルダースクロールズオンラインを始める人、特に長く続けるかどうか分からない人にはあんまりおすすめ出来ないかも?

私自身はエボンハート・パクトなので、個人的にはパクトをおすすめしたいところではありますが(笑)

最初が苛烈な気候なので、穏やかな温帯エリアに入った時はなんだかホッとしますよ。(クエストの難易度が高いという事ではありません)

中盤から後半以降はクエストの中心が温帯~白樺や針葉樹が目立つ亜寒帯のツンドラ気候っぽいエリアになりますので、気候の変化やアジアンテイストを味わいたい人におすすめの同盟です。

アルドメリ・ドミニオン(黄色・鷲の紋章)

最後は本命?のアルドメリ・ドミニオンの紹介です。

アルドメリ・ドミニオンはタムリエルの南西部に位置し、ハイエルフ(亜人種)・ウッドエルフ(亜人種)・カジート(ネコ科の亜人種)の3種族によって構成されています。

※公式サイトの同盟紹介のイラストが「ドミオン」になっていますが、「ドミオン」が正です。

まだこの同盟のクエは初期クエしか消化していないので、3種族の関係は良く分からないのですが、同盟の盟主はハイエルフの「アイレン女王」です。

私はパクト→カバナント→ドミニオンの順番で各所を巡っている最中ですが、「アルドメリ・ドミニオン」のマップの気候は亜熱帯から温帯と思われる森林地帯、やや乾燥したステップ・サバンナ気候のような草原地帯が中心になります。

その中には「密林」もあれば、木々のまばらな庭園や公園のようなエリアも多く、桜の花や鮮烈なもみじの紅葉を彷彿とさせるような色彩の木々も目立ちます。

建築物は西洋風の物が多いですが、森を中心とした自然の景観については日本の見慣れた自然の風景に似ている印象を受けました。

マップ全体的に綺麗な景色が多いので、これからエルダースクロールズオンラインをやってみようかな?と考えている人には最もおすすめ出来る同盟だと思います。

逆にマップごとの景観の変化には乏しいという面もありますので、変化を楽しみたい方には私の所属する「エボンハート・パクト」をおすすめしたいところです。

種族はどれがおすすめ?

エルダースクロールズオンラインでは3つの同盟×3種族と、インペリアルエディションを購入する事でインペリアル(帝国人)の合計10種族の中からキャラクターを作成する事が出来ます。(インペリアルエディションであれば、どの同盟でもすべての種族を選択出来ます)

スポンサーリンク

おすすめの種族はどのクラス、どのロール(タンク・DPS・ヒーラー・ソロ向きなど)をやりたいかにもよりますので、最初の段階で決めるのはなかなか難しいと思います。

この辺りは戦闘や装備、ステータスのシステムを理解しないと分からないと思いますが、細かいところまで説明すると滅茶苦茶長くなってしまいますので、要点のみを説明します。

※別に適当に決めてしまっても良いと思いますし、私もそこまで下調べして決めていませんので色々試しながらやるのも楽しいと思います。

クラスとロールについて

エルダースクロールズオンラインには、ドラゴンナイト・ナイトブレイド・テンプラー・ソーサラーの4つのクラス(職)があります。

異論はあると思いますが、この4つのクラスのざっくりとした特徴は以下の通りです。

・ドラゴンナイト~攻守のバランスに優れている

・ナイトブレード~ステルスボーナスがあり、奇襲が得意だが防御がやや弱い

・テンプラー~回復や防御スキルが優秀な反面、火力はやや弱い

・ソーサラー~火力に優れているが防御面が弱い

※装備やスキル、ステータスのビルド次第で各クラスの弱点は強化出来る為、一概には言い難い部分もあるのですが相対的に見た場合の極論の話です。

ロールについてはグループダンジョンが4人PTの設定となっており、仲間内で行く場合にはある程度のレベルのダンジョンまでは適当でも良いと思いますが、ダンジョンフィルターを使用して野良PTに参加する場合にはタンク×1・DPS×2・ヒーラー×1の構成に固定されます。

運営が推奨しているのがこの組み合わせという事ですね。

ステータス

エルダースクロールズオンラインのステータスには、ヘルス・マジカ・スタミナの3種類があり、ヘルスは体力(ゼロになると死んじゃうやつ)、マジカは主にクラススキルで消費、スタミナは主に武器スキルで消費、およびダッシュと回避、防御でも消費します。

戦闘時のダメージとヒールスキルの回復量

エルダースクロールズオンラインの戦闘時に敵に与えられるダメージは、簡単に言うとスキルの基礎ダメージと武器性能で決まります。

ただし、そこにスキルを使用する際に必要なリソース(マジカorスタミナ)の最大値が大きく影響し、マジカを消費するスキルであればマジカ最大値、スタミナを消費するスキルであればスタミナ最大値が重要になってきます。

また、ヒールスキルによる回復量についても魔法攻撃力が高い程回復量が大きくなります。

マジカビルドとスタミナビルド

戦闘時の攻撃力はスキルを使用する際に必要なリソース(マジカorスタミナ)の最大値が影響すると述べましたが、マジカを使用するスキルは魔法属性の攻撃、スタミナを使用するスキルは物理属性の攻撃となります。

キャラクターを育成する際には魔法攻撃型か、物理攻撃型を決めてレベルアップの際にステータスを配分する事になりますが(そうしないと火力が全然出ない)杖以外の武器スキルはスタミナを消費する物理属性になります。

※杖スキルはマジカを消費する魔法属性です。

従って一部例外があるものの、クラススキルを攻撃の主体とするのがマジカビルド、武器スキルを攻撃の主体とするのがスタミナビルドとなります。

どの職でもマジカビルド・スタミナビルドが可能ですので、色々試しながらやってみるのがおすすめです。

因みにテンプラーをスタミナ型にするとヒーラーとしての能力は全然なくなります。

何れにせよ、最初はソロでしばらくプレイする事になるので、DPS仕様のキャラを育てながら、タンク寄りに振るのかヒーラー寄りに振るのかを考えていけば良いのではないでしょうか。

各種族の特徴

では、前振りが長くなりましたがここからが種族選びの本題になります。

エルダースクロールズオンラインには種族によって様々な固有のパッシブスキルが存在します。

種族選びのポイントの優先順位はそれぞれのプレイヤーによって、見た目を重視するケース・パッシブスキルとクラス・ロールの相性などを重視するケースなどがあると思います。

各種族の見た目の違い

これはゲームを始めてキャラメイキングをして見れば分かるだろ!って話ではあるのですが、一見違いが無さそうな人間タイプのブレトン・レッドガード・ノルド・インペリアルの間にも、選べる体の大きさや肌の色が微妙に違ったりします。

TESO 種族の見た目
ノルドオークインペリアルブレトンレッドガード
ハイエルフダークエルフカジートアルゴニアンウッドエルフ

例えば、一番背の高いハイエルフで身長を限界まで下げた大きさと、一番背の低いウッドエルフで限界まで身長を上げた大きさを比べると、ハイエルフの中の最低身長の方がまだかなり大きかったりします。

10の種族を身長の高さ順に並べるとハイエルフ>ノルド>オーク>インペリアル・ブレトン・レッドガード・カジート・アルゴニアン>ウッドエルフという形になります。

ハイエルフ大きさと、ウッドエルフの小ささはかなり際立っていますので、ハイエルフで普通の大きさの女性キャラを作るとかなりの大女に、ウッドエルフで男性キャラを作ると小男になってしまうので、この点は注意した方が良いと思います。

各種族のパッシブスキルの違い

エルダースクロールズオンラインの各種族には、固有のパッシブスキルが用意されており、レベルの上昇に従ってこのパッシブスキルを解放する事が出来ます。

このパッシブスキルには、特定のスキルラインの経験値の緩和と、それ以外のものに分けられますが、特定のスキルラインの経験値の緩和についてはあってもなくてもどうでも良いと感じるくらい、このゲームはスキルラインのレベル上昇は早いのでここでは無視して考えます。

また、各スキルにもレベルがありますが、レベルの上昇も早いのでMAXまで成長した時の最大値のみ記載します。

ブレトン
  • マジカの最大値10%増加
  • 呪文抵抗6%増加
  • マジカのコスト3%軽減

ブレトンの種族スキルはマジカビルド向けのパッシブとなっていますが、火力アップ的な要素がない為、マジカ切れを起こしやすいヒーラー向けの種族だと思います。

オーク
  • ヘルスとスタミナ最大値6%増加
  • 戦闘中のヘルス回復量18%増加
  • 被ヒール量3%増加
  • ダッシュコスト12%軽減
  • ダッシュ速度9%増加
  • 近接攻撃ダメージ4%増加

オークの種族スキルはヘルスとスタミナ、近接ダメージですので、スタミナビルドの近接DPSおよび、タンク向けの種族だと思います。

レッドガード
  • スタミナ最大値10%増加
  • 戦闘中のスタミナ回復量9%増加
  • 5秒ごとに近接攻撃でダメージを与えた際に3%のスタミナを回復

レッドガードの種族スキルはスタミナに特化していますので、持久戦も得意なスタミナビルドの近接DPS向けと言えるでしょう。

ハイエルフ
  • マジカの最大値10%増加
  • 戦闘中のマジカ回復量9%増加
  • 氷、火、雷属性で与えるダメージ4%増加

ハイエルフの種族スキルはブレトンと似ている部分はありますが、属性ダメージアップがありますので、マジカビルドのDPS向けだと思います。

カジート
  • 体力再生20%増加
  • スタミナの自然回復量9%増加
  • ステルス半径3m増加
  • ステルス攻撃ダメージ9%増加
  • 物理クリティカル率8%増加

カジートの種族スキルはステルスからの奇襲特化型となっていますので、ステルス攻撃と相性の良いスタミナビルドのPvPナイトブレード向けと言えるでしょう。

ウッドエルフ
  • 戦闘中のスタミナ回復量21%増加
  • スタミナ最大値6%増加
  • 毒と病気の抵抗値23ポイント増加
  • ステルス半径3m増加
  • ステルス攻撃ダメージ9%増加

ウッドエルフの種族スキルもカジート似ていますが、カジートよりも瞬間火力に劣り、防御力と持久力に優れています。

対MOB用のスタミナDPS向けと言えるでしょうか?

アルゴニアン
  • マジカの最大値3%増加
  • Potionを飲んだ時に、最大値の12%分のヘルス・マジカ・スタミナを回復
  • ヘルス最大値6%増加
  • 毒と病気の抵抗値23ポイント増加
  • 被ヒール量3%増加
  • 与ヒール量3%増加

アルゴニアンの種族スキルは、他の種族にはない与ヒール量、Pot効果のアップが含まれています。

その他のステータスアップのバランスも良いので、死ににくくマジカも枯れにくいマジカヒーラー向けの種族と言えるでしょう。(スタミナヒーラーは回復量が少なすぎてそもそも有り得ないので単純にヒーラー向けです)

ダークエルフ
  • マジカの最大値9%増加
  • スタミナの最大値6%増加
  • 炎の抵抗値30ポイント増加
  • 炎属性の攻撃力を7%増加
  • 氷属性の攻撃力を2%増加
  • 雷属性の攻撃力を2%増加

アルゴニアンの種族スキルはマジカと炎属性の攻撃に特化していますので、炎属性の攻撃スキルが多いマジカビルドのドラゴンナイトDPS向けかと思います。

ノルド
  • 戦闘中のヘルス回復量20%増加
  • ヘルス最大値9%増加
  • スタミナ最大値6%増加
  • 氷の抵抗値30ポイント増加
  • 被ダメージ6%軽減

ノルドの種族スキルはヘルス・被ダメージ軽減に特化していますので殴られ役のタンク向けの種族と言えます。

インペリアル
  • ヘルス最大値12%増加
  • スタミナ最大値10%増加
  • 近接攻撃を行うと10%の確率でヘルスが6%回復

インペリアルの種族スキルはノルドに似ていますが、防御スキルの代わりに近接攻撃でのヘルス回復が入り、スタミナ最大値がやや大きくなっています。

従って、スタミナビルドのタンクかDPS向けの種族だと思います。

実際のところは種族は見た目で決めちゃっても良いかも知れない

明確にヒーラーをやりたいと考えていたり、PvPで奇襲からの暗殺がしたいと考えるなら有利な種族はあるにはありますが、ヘルス・スタミナ・マジカの最大値やコストと再生などは料理やその他で後々調整が可能です。

そもそもベテランダンジョンなどに行くのであれば、マジカやスタミナの最大値・再生量などを削ってヘルスに振らなければ即死してしまう場面が出てくるので、あまり種族に拘らなくても良いんじゃないかという気もします。

種族のパッシブは参考程度に考えて、見た目が気に入った種族でやりたいロールをやりつつ、それに合わせて料理などのバフ類、装備などで調整した方がゲームを楽しめると思いますよ。

※ゲーム内の通貨でスキルやステータスの降り直しが可能ですし、種族の変更は課金アイテムで可能です。

》》》エルダースクロールズオンライン 序盤に覚えておきたい基本差操作と設定

スポンサーリンク